sweet_dog's

愛おしい犬達と、家族同様に犬を大切に思う人のために・・・ 宇都宮市にあるトリミングサロン sweet❤dog's 犬の立場に立ったトリミング・グルーミングを理想としています。

September 2013

   ちびっこチワワのリンくんです!(^^)!
初めましての頃は、シャンプーもブローもカットも泣き顔でおどおどしていたリンくんも、最近は、トリミングに慣れっこで、余裕の表情を見せてくれるようになりました❤

以前はドライヤーの風にすら逃げ腰だったので、弱ーい風からスタートして、徐々に風量を上げながらブローをしていましたが、今は通常の強さの温風を当てても、くりくりオメメで窓の外を眺めながら、おりこうにしていてくれます(^_-)

パパのお迎えを待っているときも、ちょろちょろとお店中を探検したり、名前を呼ぶと、ニコニコしてアイコンタクト❤

会うたびに、1歩ずつ1歩ずつ、一緒にお勉強です!
いっぱいガマンさせてしまう場所だけど、少しずつ分かり合って、慣れてきた変化を感じると、とっても嬉しくってたまりません(/_;)

犬なりにいろんなことを考えて、吸収して、成長し続けます。
トリミングサロンや動物病院、お散歩や公園など、いろいろな場所にならせたり、いろいろな人にならせたりして、ワンちゃんの社会性を身に着けさせてあげて下さいね♪


仲良しプードルの、あんじゅちゃんと、りずむくん❤
りずむくんはまだパピーちゃん!
あんじゅお姉ちゃんが大好きで、いつでもどこでも一緒❤

あんじゅちゃんは、イメチェン中!(^^)!
頭部の被毛を伸ばして、おリボンをつけるために、しばらく我慢です!

りずむくんは前回来て頂いた時よりも少し大きくなって足長さんに成長していました!
最初と比べたら落ち着きも出てきたように思いました(*^_^*)
毎日一緒にいると成長がわかりにくいものですが、
私たちは1か月や2か月に一度お会いするので、とっても成長が早く感じます!
この間までパピーだった子がもう1歳なんだ!と感じることが多々(-_-;)
私たちも同じように年を重ねているんだと思うと少々悲しくなったりもしますが・・(/_;)

 
定期的に会うことで、いつもと様子が違うな?とか、ここに出来物があったっけ?など
気づける点も多いので、シャンプーで体を触りながら、ブローで皮膚をかき分けながら、注意して皮膚の状態をよーく!観察させて頂いています(p_-)

毛が伸びたから、カットをするというだけでなく、メディカルチェックもかねて、ご利用くださいね(*^_^*)
 



イケメンイケ柴❤
シニアには見えない元気いっぱいララくんです❤ 


    

シャンプーもブローもとってもご機嫌でシッポプリプリ!
カメラ目線も忘れません(笑)
爪切りは少し苦手ですが、泣かないで我慢していてくれました~(*^_^*)




トリミングが終わると床にペタ~ン_(._.)_
大好きなおじいちゃまのお迎えを静かに待っていました❤
おじいちゃまとは相思相愛で、お互いに感動の再会!
たくさんご褒美もらったかな?(^^)

向かって左がウチの次男のBEEくん、右が長男のCIGAR くんです❤

ビーくんももうすぐ10歳、シガーくんは11歳半のシニアで、お顔も白くなってきました。
ビーくんは元気いっぱいですが寝ている時間が長くなってきて、白内障が始まっています。
シガーくんは昨年末から全く目が見えなくなってしまって、いろんなことがおっくうになってきました。
後ろ足が弱ってきて、散歩中も少しよたよたです(>_<);
 
年齢を重ね、皮膚や被毛の代謝が衰えて、人間同様に、体臭がきつくなったり、フケが多くなったり、毛艶が落ちてきたり色々な変化を感じています。
今まで以上に、皮膚の健康を維持できるように、保湿効果のあるケアが必要になってきました。

かなり前になりますが、高齢犬で持病があり、今まで通っていたサロンでのトリミングを断られてしまったという方からのお問い合わせを頂いたことがありました。
長くお付き合いをしていたお客様をお断りするということは、ワンちゃんを安全にトリミングすることが難しいと判断したのだと思います。

せっかくのご相談でしたが、命を守ることを優先したいと思い、後ろ髪をひかれる思いで、動物病院でのトリミングをお勧め致しました。
電話を切る際に、「犬を飼いにくくなりますね。」とおっしゃられ、今でもその言葉が頭から離れません。

自分の犬達の老いを感じるほどに、その方のお力になれなかったことも残念ですし、その犬にとって最善の選択だったのか。でも、トリミング中にもしものことがあった時、私が救ってあげることはできない。・・・今でも葛藤しています。
そして、怪我をさせてしまったり、体調を崩してしまったりしたときには、トリマースタッフにとって、大きなトラウマになることを考えると、どうしても慎重になってしまいます。

定期的にsweet dog'sをご利用いただいているわんちゃんは、年齢を重ね、持病を抱えても、オーナー様との十分なコミュニケーションをとらせて頂いて、生涯、できる限りトリミングをさせて頂きたいと願っています。

お付き合いをさせて頂く中で、毎回のトリミング時の様子を観察し、その犬の個性を知ることで、犬が弱ってきた時に、なおさら、その経験やカルテを生かすことができます。

年齢を重ねたり、持病を抱えるようになった場合、年に1・2回のご利用のワンちゃんや、ご新規のワンちゃんの場合には、お断りさせて頂くこともございますが、ワンちゃんの体調によるトリミングへの心配事やご相談がある時には、お気軽にお電話をください。
ご足労をおかけしてしまいますが、わんちゃんの様子を見させて頂いてから、お預かりできるのかどうか、判断をさせて頂きます。

その際は、かかりつけの獣医さんに、シャンプーやトリミングをしても大丈夫かどうかを確認していただき、犬の扱いで特に注意することや、観察すべきことなどを、教えて頂きたいです。

みんなみんな、歳をとります。
足腰が弱くなったり、目が見えなくなったり、いろいろな疾患を抱えていきます。
そうなった時のことも踏まえると、仔犬の時期から、トリミングに慣れさせることがとても重要だと感じています。
トリミングでどんなことをされるのかを理解させることや、家族と離れて過ごす経験を積んでいく事で、年齢を重ね、体調に不安を抱えても、精神的な負担を軽減することができます。

お互いを理解し合い、少しでも不安なく、負担なく、生涯トリミングと付き合っていけるように努めていきたい。
sweet dog'sのトリミングが、わんちゃんの小さな幸せでありますように❤

ワンちゃんの不用品などがございましたら
sweet dog's に、お持ちください~\(-o-)/

季節の変わり目に、わんちゃん用品を買い替える方もおられると思います。
まだ使えるけど、いらないものがありましたら、ご来店時にお持ちください!

わんちゃん用ベッド・毛布・タオル・洋服・マナーバンド・ゲージ・ケンネル(移動用ゲージ)などなど。。。
ちょっとくらい汚れていても、傷があっても、使い古しでよれよれでも、ワンちゃんの歯型付きでも(笑)洗濯だけして頂ければ大丈夫です☆

ワンちゃんが食べなかったフードやおやつ、未開封で賞味期限が切れてしまったフードなど、使わなくなってしまったおむつ・トイレシーツなども、保護犬達にお渡しします。

また、県北の施設に収容されている動物たちは、冬の寒さに凍えています。
床に敷く毛布(人間用)なども必用としています。
使い捨てにするものなので、ボロボロでも大丈夫です。
洗濯していただいたものをお持ちください。

保健所・動物愛護センターよりレスキューされた動物たちの多くは、汚れや毛玉、皮膚病などでひどい状態です。
どんな感染症を持っているのかもわからず、ノミやダニが付着していることもあるので、保護時に使用したものは、使い捨てにしなければなりません。
これから、寒い季節になりますので、暖かく過ごせるようにご協力をお願いいたします_(._.)_

お持ちいただいたわんちゃん用品は、sweet dog'sで仕分け、人の都合で見捨てられた犬達を保護し、新たな里親を探すボランティアをされている、栃木県内の団体様・個人様にお渡しいたします。

お預かりした犬用品は、私たちが責任を持って保護犬達にお渡しいたします。
お渡しするボランティア団体・個人につきましては、こちらの判断にお任せください。

*お預かりしたものは、お返しできません。
 大切なわんちゃんの遺品や思い出の品などは、お持ちにならないでください。

*sweet dog'sでは、募金はお預かりしていません。
 募金をご希望の方は、直接、支援したい保護団体の口座へお振込みください。

このページのトップヘ