sweet_dog's

愛おしい犬達と、家族同様に犬を大切に思う人のために・・・ 宇都宮市にあるトリミングサロン sweet❤dog's 犬の立場に立ったトリミング・グルーミングを理想としています。

August 2011

IMG_0779.JPG超美男子でございます~ホレボレ(#^.^#)

うちのマナさんはフルコートなので、週に1回はお店に来てシャンプーしています。
生後2か月から成犬になるまで、毎日トリミングマナーを練習してきたので、トリミング=おやつ!!みたいな感じで、この表情です(^^)

うちの中では、シガー→ビー→マナという優先順位があるので、三男坊のマナ君にとっては、私を独り占めできるトリミングタイムです❤
ぁ~なんてかわいいのかしら…親バカですみません。

マナを連れてお散歩してたら、レッドのプードルを連れている方に、「こんな風にふわふわにしてほしいのに、いつもそうならないから、どうしたらいいのか?」と聞かれました。

同じプードルでも、巻き毛・縮れ毛・縄状毛と、毛質は多様です。
また、カラーによっても毛質や毛量が異なります。
雑誌のモデル犬と全く同じように…残念ながら、できる場合とできない場合があるのです。
顔かたち・まずるの長さ・四肢の長さ・胴の長さ、みんな個性がありますから、その個性を楽しみましょう!!とお伝えしました。

ただ、もともとの毛質を変えることはできませんが、そのコに合った食事・十分な運動・適切な手入れを大切にすれば、間違いなく毛量・毛のハリは変わってきます。

特に食事は、ただの「餌」ではなく、体を作るもの。 このコを作って、生かしているものとおもって選んでいただきたいです。

うちのコ達も、いろいろ試して良いものを与えるようにしています。
食事によって、皮膚や被毛もかなり変わります!!

ドックショーに出ているショードック達が美しいのは、日々の手入れ、十分な健康管理がされているからです。
いくら血統が良くても、それができなければ、健康でなければ美しさを維持することもできません。

食事や日常生活をを見直すことで、さらに健康を維持できたら嬉しいですよね❤
…私も、犬のためにはできるのですが、自分の食生活も見直さねば。。。です(^_^.)

IMG_0557.JPGウエストハイランドホワイトテリアのあられちゃんです!
私がお店を出す前から、トリミングをさせていただいていて、もう長いお付き合いです。

写真を撮られるのが苦手だそうで、必ず目線を微妙にそらしてしまいます・・・(笑)
トリミングに慣れているシニア犬なので、いっつもトリミング中は、いびきをかいて寝ています(^_^.)
寝ている間にできるところから、カットして、最後は頑張って立っていてもらって足回りのカットをし、時間を掛けないように短時間でトリミングをさせてもらっています。

犬は、全身被毛に覆われているため、老化を感じにくいのですが、年齢を重ねるごとに、人と同じようにいろいろなところに問題を抱えていきます。

トリミングに慣れているコでも、体を濡らした後やブロー時の体温変化により、急に体調を崩すことは珍しくありません。
シニア犬の場合は、かかりつけの動物病院の営業時間中、できれば午前中にご予約ください!
午前中の方がわんちゃんも元気なんですよ(^^)

ちなみに、わんちゃんの年齢についてですが。。。
1歳までに 人間でいうと、18歳くらいになり、その後1年ごとに4歳ずつ歳をとります。
ということは、10歳のわんちゃんは人間でいうと54歳!!
いつまでも愛くるしい容姿ですが、年齢を考え、そのコに合った生活や食事をさせてあげなくてはいけませんね~。

少しでも長く、元気でいてほしいから、1日1日を大切に接してあげたいですね。

sweet❤dog'sでは、10歳以上の高齢で、新規のわんちゃんは安全第一の為、お断りさせていただいております。申し訳ございません_(._.)_
1頭1頭の癖や、体調、飼い主様との十分な信頼関係ができていないと、急な体調変化に対応できないことがあり、シニア犬については、そのリスクが高くなるためです。
命を、安全を第一に考え、十分にかかりつけの獣医師さんと相談しながらトリミングを受けさせてあげてください。
トリマーは、基本的な獣医学については勉強していますが、治療方法や命を救うための知識・技術は持っておりません。

ただし、高齢犬でも、介護の必要なわんちゃんを清潔に保つための部分カット等は、ご相談ください。
寝たきりで移動が困難な場合は、お客様のご自宅にて施術させていただきます。
(シャンプーや全身カットはできません。動物病院でのトリミングをお勧めいたします。)

IMG_0695.JPG甥っ子のすばるで~す❤
遠くに住んでいるので、月1で、遊びに来てくれているのですがいつも私は仕事中で、ゆっくりかまってあげられないので、夏休み中にゆっくり会いに行ってきました!

とってもかわゆい~んです❤

で、すばるの兄さんが、Tプードルのシェイミークン3歳です。
ひどい皮膚病で、治療中なのです。
かわいそう・・・。

IMG_0521.JPGとっても元気なのですが、目の周り・口唇・手足のこう・肉球の間・耳の中・内股の柔らかい皮膚に、真っ赤な発疹ができたり、硬くなってしまってます。

動物病院に来院する犬の病気NO.1が皮膚病!!
かゆみがひどい場合は、熟睡できず衰弱してしまうこともあるそうなので、あなどれません。
皮膚病の原因は細菌感染・アレルギーなどたくさんあります。

シェイもまだ原因不明。感染の恐れはないということなので、今は、薬を使って炎症を抑えながら、原因特定のために通院中です。

カットスタイルも、炎症の出やすい所は、診察していただきやすいように短く、耳の中、足先もバリカンを入れて、皮膚を清潔に保てるようにしました。でも、プードルのかわいらしさも残しつつ、ピーナッツフェイスにしたり、モヒカンにしたり、アレンジ中です!(^^)!

トリミングの第一の目的は、皮膚被毛を清潔に保ち、日常の健康を守ることです。
皮膚・被毛は、その中の臓器を守り、体の機能を保つための、大切な役割を果たしています。
シャンプーの後ブローをする際には、風を当てながら全身の皮膚の状態、肉球の毛をバリカンでカットしながら、炎症がないか、耳の洗浄をする際には、耳垢の色やにおいをチェックします。

毛が伸びたからカットする…というだけではなく、健康チェックもかねてトリミングを利用してください。

小さなことでも、気になるところがあったら(ない場合にも)、トリミング後に報告させていただいています。
治療が必要か必要でないかの判断はトリマーにはできませんが、飼い主様が日常的に観察できれば、わんちゃんの快適な生活につながると思います。

わんちゃんは、自分自身で体調管理をすることができません。
言葉を持たないパートナーの代弁者として、トリマーにできることはないか、いつも考えさせられます。
飼い主様の心配事や、病気の治療方法・対策の体験談なども、教えていただけると、トリマーの勉強にもなりますし、もしかしたら同じ悩みを抱えているほかのお客様の役に立てるかもしれません。

私のパートナーのマナ君も、腰椎のヘルニアを持っています。
今まで何度か発症していますが、今のところ麻痺は出ていません。
マナの持病が発症して、痛みに震える姿を見ると、代わってあげられたらと、身を引き裂かれる思いになります・・・(T_T)

つらい思いをさせないために、わんちゃんの適切な健康管理をしてあげることや、同じ思いをしている飼い主様に、少しでも助けになれるようなアドバイスができるようになりたいです。

03.jpg8月15日(月)~8月19日(金)まで、夏休みをいただきます。

ご予約・お問い合わせのお電話も、20日(土)よりお受けできます_(._.)_

夏休みはたまった仕事や、家のことをスッキリしてきます!!
そしてこのところ、お散歩と、寝る時間以外一緒にいてあげられなかったうちのコたちと、お出かけしてきます!!
早朝の井頭公園とか、鬼怒川とか、気持ちいいいんですよぉ!(^^)!
草の臭いをかいだり、ロングリードで自由に走り回っているときの、生き生きとした表情を見るだけで、私まで嬉しくなっちゃいます❤
夏は朝しか、ゆっくり散歩できないから、早起きしなきゃです(^_^.)
17.jpg 
自然に囲まれた、おすすめのお散歩コースがありましたら、教えてください!!

赤い羽根の付いたダックスはうちの長男のシガー君、
青い羽根の付いたダックスは二男のビー君、
ふわふわのプードルは三男のマナ君です❤❤❤

私のsweet❤dogsでございます。
たまに、お店にも遊びに来ています。
1頭の時はとってもお利口さんなのですが、2頭3頭一緒にいると、気が大きくなってとっ          ても威張りん坊になるんですよね・・・。
でも、犬は犬らしく、本能を刺激しつつ、のびのびと過ごさせています。
お客様のわんちゃん達に意地悪しないか、ちょっと緊張しちゃいます・・・。                                                                          

14.jpg仲良くできるといいのですが❤

少しの間、お休みをいただきご迷惑をおかけいたします。
リフレッシュして、また頑張りマスので、よろしくお願いいたします_(._.)_
       
                                                    
   

IMG_0811.JPGIMG_0814.JPGミック君はご近所さんなので、よく遊びに来てくれます(^^)
お店の中は、いろんなわんちゃんの臭いがするので、興味津々で、探検しまくり!!
でも、トリミングの後は、お疲れモード??ナノか、ママが来るまでおねんね❤でした~!
とってもマイペースの不思議ちゃんなんですよ~❤


ミック君は、爪切りが苦手なので、今回からやすりで削って爪を短くすることにしました。
通常は、爪切りで爪を短くしてから、やすりで角をとって丸く仕上げるのですが、ミック君の場合、爪切りを見せただけでとても嫌がって、ヤスリは全く嫌がらないので、無理やり我慢させるよりも、少し時間はかかりますが、嫌な思いをさせない方法にしました。

犬によって、爪切りを嫌がるコ、ヤスリを嫌がるコ、足を触られること自体を嫌がるコ、全く嫌がらないコ、みんな個性があります。
完璧に仕上げるよりも、そのコにあわせて、けがを防げるように、健康な生活を維持できるように、できるだけ楽しくトリミングをできるように、犬を尊重しながらトリミングさせていただいております。

トリミングの方法や、ご要望などございましたら、細かくお伝えください。
また、疑問などがございましたら、お気軽にご質問ください。
トリミングの方法は、一つではありません。安全を第一に考え、飼い主様のご要望通りにできないこともありますが、なぜそれができないのか、なぜその方法でトリミングをするのか、説明させていただきます。

トリミングルームも、トリミング中以外は、自由に見ていただいて大丈夫ですので(毛だらけですが…)興味のある方はお声かけくださいね!(^^)!

このページのトップヘ